ポスティングを歴史という目線で見てみると | ポスティングの満足屋

ポスティングを歴史という目線で見てみると | ポスティングの満足屋

tel
メール
コラム

HOME > コラム > ポスティングを歴史という目線で見てみると

ポスティングを歴史という目線で見てみると

チラシ広告のはじまり


郵便受けを開けるとそこには何枚ものチラシ、というのは日常でよく見かける光景です。チラシの中身は、土地家屋の売買やモデルルームの案内などの不動産関係、新規・リニューアルオープンする店舗の情報、政党や政治家関係の意見や情報等、実に多様です。さりげなく手に取り内容を確認したり、そのままゴミ箱に行ったりとその扱いもさまざまです。あまりに当たり前になってしまったこれらのチラシですが、意外にも古い歴史を持っています。
世界最古のチラシと考えられているものは古代エジプトで配られたパピルス紙を使ったもので、行方不明になった奴隷を探す広告でした。この広告では、見つけた人に対して報奨金の支払いを約束しています。ちなみにこのチラシ、大きさはB5判ほどで形状は巻物型でした。一方、わが日本においてチラシが一般的になったのは江戸時代のことです。その中でも特に有名なのが「越後屋」の開店時に配られたものです。このとき越後屋がとったチラシという手法と店頭販売という形態は今につながるもので、とても画期的なものでした。ちなみにこの越後屋のチラシには、今でいうところの「キャッチコピー」が掲載されていました。それまでにもチラシらしきものはありましたが、キャッチコピーを有した広告という観点から見ると、これが日本における最初の広告用のチラシと言えます。
昔は今のように各家庭に郵便受けがない時代ですから、ポスティングの形も大きく違っていましたが、今も昔もチラシを通じて、人は情報を得ていることは変わっていません。

投函されたチラシに期待するもの


日常生活の中で当たり前のように目にする「チラシ」ですが、語源をご存じでしょうか。もともとこの「チラシ」という言葉、大阪発祥で「まき散らす」から来ています。といっても今のような全国区になったのは、大正時代に入ってからのことです。大正の初めまでは、東京方面では「引き札」という言葉が使われていました。こちらの語源は「客を引きつける」「客を引く」から来ています。流れて行く歴史の中で、次第に大阪発の「チラシ」が「引き札」に取って代わって行きました。
ところでチラシをポスティングで配ることは、それなりのメリットがあります。まず、新聞の折り込みのように多数の中の一枚ではなく単体ですから、手にした人の目に触れる確率が高くなります。折り込みチラシだと、一切目を通さずそのまま資源ゴミとして扱う人も少なからずいますし、目を通しても、多数あるチラシ一枚一枚を丹念に確認する人は多くないでしょう。またポスティングですと、ターゲットを選んで配ることができます。例えば中古マンション買い取りのチラシを公営団地に配っても、あまり意味がありません。やはりこうした内容のものは、分譲マンションに投函した方がより効果が上がると考えられます。
昔は今とは違った時間の流れ方をしていて、しかもシステムも違っており、チラシを作るのも配るのも今以上に手間がかかっていました。ただそこには、時代は違えど、一人でも多く商品に興味を持ってもらいたい、自分の会社について知ってもらいたい、という商売人の心意気は今と同じようにあったのでしょう。

より華やかに、より効果的に


江戸時代に引き札と呼ばれていたチラシは、1色か2色刷でした。それが活版印刷の発達とともに多色刷りとなり、イラストやさまざまなデザインが施され現在のような華やかなものへと変遷して行きます。そしてポスティングに使われる媒体も、チラシ以外のものにも波及して行きます。郵便受けに投函されたパンフレットなどはおなじみでしょうし、中には名刺大のマグネットカードなども見受けられます。今の時代、ありとあらゆるものが広告となり得るのです。では、いったいその中身はどういったものが多いのでしょうか。
歴史をひもといて引き札と言われていた頃の広告商品と現代の商品とを比較してみますと、引き札の時代のほうが商品が細かく分かれていることに気づきます。今のように大型のショッピングセンターやホームセンターなどない時代ですから、それはそれである意味、あたりまえのことなのでしょう。例えば「大工道具」「金物」「肥料」などは、今でしたらホームセンターのチラシの方がなじみ深いですし、食べ物や調味料はスーパーマーケットなどのチラシでお目にかかる頻度が高いと思われます。もちろん今でも個人商店がチラシを配布することはありますので、単一的な内容のチラシを目にする機会もあります。
一般的な広告と比べポスティングによる広告は、地域密着型の代表格でしょう。そしてこうした手法の発達とともに、ポスティングを専門に扱う業者もあります。そうした業者は、チラシの中身をみてより効果の高い方法を提案してくれますので、ポスティングが初めての事業主でも気軽に相談できます。かつて「越後屋」のアイデアから生まれたポスティングという手法、はたして、当時の人たちはここまで華やかできめ細やかな発展をすることを想像できたでしょうか。

ポスティングの満足屋 TOPページ

ポスティング配布エリアについて | ポスティングの満足屋